Oct 4th, 2019

Henning Schmiedt ft. Aki Ueda – Sitano

Oct 4th, 2019

Henning Schmiedt ft. Aki Ueda – Sitano

旧東ドイツ出身のピアニストHenning Schmiedtが、日本のシタール奏者Aki Uedaをゲストに迎えたニューシングル「Sitano」を本日配信スタート。FLAUの新しいシングル・シリーズの第一弾となります。アートワークは三宅瑠人。

「寒い冬の日、私はNYにあるチャイナタウンのフリー・マーケットをぶらぶらと歩いていました。ある店先で、カラフルな動くおもちゃに目を奪われ、その安定した回転に魅了されました。そしてこれに合わさるような音楽を作ろうと思ったのです。
ベルリンの自宅に戻って、テープに残された昔の古い録音を聴きました。Aki Uedaのシタールと、私のスタジオKlavierraumで何年も前に録音したセッション。しばらく聴いていると、まるでパズルの欠けている部分を見つけたかのような気がしてきました。動いているおもちゃの映像に音楽をつけてみたら、完璧にはまったようでした。時間的にも空間的にも大きく異なった2つのものが、まるで手袋のように合わさったのです。」- Henning Schmiedt

http://smarturl.it/FLAUD01 http://flau.jp/releases/sitano/

On a cold winter day I strolled over a flea market in Chinatown New York. My eyes were catched by a colourful moving toy and I got fascinated by its steady and whirling movement.
I felt I should create music that is connected to this moving picture but forgot about it soon.
When I got home to Berlin, I checked some old recordings on tapes – a session I did with Aki Ueda on sitar in my studio Klavierraum many years ago.
After a while it felt suddenly as if i found a missing part of a puzzle- I put the music on the movie of the moving toy and found it perfect- two things so different in time and space fitted like a glove. – Henning Schmiedt

Other articles you might be interested