CRYSTAL Ecco Funk

CAT No. FLAUR48
Release Date: 2020-12-16
Format: CASSETTE/DIGITAL

マティアス・アグアーヨをフィーチャーしたシングル「君はモンスター」以来となる東京のカルトシンセサイザーバンドCRYSTALのニューEP。ソニック・ザ・ヘッジホッグやエコー・ザ・ドルフィンのようなビデオゲームの影響は広範囲に広がっていますが、このカートリッジ・クラシックのノスタルジーは彼らの最新作「Ecco Funk」にも反映されています。

3年ぶりに新たにデュオとなって戻ってきたCRYSTALは、エコー・ザ・ドルフィンの水のような世界にインスピレーションを求めるだけでなく、ウィリアム・ギブスンの作品(具体的には1981年の短編小説「記憶屋ジョニィ」というよりも、キアヌ・リーブスが主演した95年の映画「JM」)にも触れ、レトロフューチャーなサイバースペースの中に自分たちの液体のような世界を切り開いています。

このゲームの影響をダイレクトに受けたタイトルトラックは、イルカのような高音のバーストと、シンジラレナイベーシストによるシンジラレナイ指さばきのベースのグルーヴで幕を開けます。「Ecco Funk」は、歌詞の中にキーボード ・ソロのファンキーなスプラッシュが散りばめられており、セガ・メガドライブの名曲をもう一度プレイしてみたいという願望を表現します。
ディスコベースが疾走するリズムの「Do It Again」にはエレクトリック・ジャズの新世代Niels BroosとVincent Ruizが参加。キラキラと輝くアルペジオと荘子の英語語りが電脳空間を泳ぐサウンドトリップのようです。
三宅が参加したRBMAで話題となった11分間に及ぶスペースジャムを元に作られた「Genesis Jam」は、柔らかでドラマチックなコードセクションとアシッドシンセの対比が印象的な一品。再登場するシンジラレナイベースソロと健気に戦う三宅のチョッパーベースとヴォコーダーは、Zoolook時代のジャン・ミッシェル・ジャール、あるいはFuture Shockのハービー・ハンコックらの影響を感じさせます。
頭をふらふらとさせるような強烈なシンセサイザーと、宇宙空間に響くクリスタルなメロディに彩られた「Crystal Gates」をくぐり、少しだけファンキーになったCRYSTALの最新EPは締めくくられます。

CRYSTALのEcco Funkはサウンドだけでなく、過去の世界へのシンセデュオの献身を再確認させてくれます。16ビットのコンソールはとうの昔になくなったかもしれませんが、Ecco Funkはシンセサイザーの黄金時代を新鮮に捉え、そのノスタルジアに大きな生命力を吹き込んでいるのです。

Video games such as Sonic the Hedgehog and Ecco the Dolphin so defined a generation of gamers that their influences are spread far and wide. Most recently, the nostalgia of these cartridge classics finds itself in Ecco Funk, the upcoming EP from Tokyo synth outfit CRYSTAL.

Appearing on FLAU once again to showcase their frenetic brand of bubbling drum machine beats and eclectic synthwork, CRYSTAL have not only dipped into the watery world of Ecco the Dolphin to seek inspiration, but the work of William Gibson (specifically his 1981 short story Johnny Mnemonic) to carve out a liquid world of their own in a retro-futuristic cyberspace.

The cetacean influences kick off with the title track, complete with dolphin-esque bursts of high-pitched sound and columns of effortless bass groove. ‘Ecco Funk’ is interspersed with suitably funky splashes of keyboard solos among its lyrics that express a desire to once again play the Sega Megadrive classic. Disco bass tumbles through the galloping rhythm of ‘Do It Again’, a journey of sounds that leans towards Yellow Magic Orchestra-level atmospherics.

Juddering beats fuel the angular ‘Genesis Jam’ — another nod to the EP’s retro reminiscence — its soft dramatic chord sections contrasting with its fizzing selection of acid synths, and all founded on tracts of acrobatic bass. Ecco Funk ends with closing track ‘Crystal Gates’, fluttering to the finish with intense woozy synths and suitably crystalline melodies echoing in space.

CRYSTAL’s latest EP reaffirms the dedication of the synth duo to not only sounds, but worlds of the past. 16-bit consoles may be long gone but — taking influences from as far and wide as Joe Hisaishi, Zoolook-era Jean-Michel Jarre and Herbie Hancock — Ecco Funk breathes vital life into nostalgia through this fresh take on the golden age of synthesizers.

KEEP READING

Track List

1 Ecco Funk

2 Do It Again

3 Genesis Jam

4 Crystal Gates

Press Quotes

Crystal’s mixture of YMO-esque Nippon naive pop and Kraftwerkian-influenced beats tends to accidentally give birth to a romantic sound very reminiscent of Latin FreestyleTeki Latex

anachronistic soundtrack where classical video game meets future of pop – Aupium

retro-future. fusion-galore. Shimmy-excellence –
Comeherefloyd

the duo’s neon-colored nostalgia comes complete with modern dance floor sensibilities
Live Eye TV

どこかゲーム音楽的でありながら、あくまで硬質かつ肉体的なファンク – Mikiki

YMOとビデオゲームミュージックをリンクさせながら、オリジナルのポップソングを展開 – Lights & Music

very playful, exuberant, joyous, full of energy and boundless creativityGuardian

post-internet-boss-battle-bachelor-pad-music at its very, very bestVICE


CRYSTAL Ecco Funk

CAT No. FLAUR48
Release Date: 2020-12-16
Format: CASSETTE/DIGITAL

Track List

1 Ecco Funk

2 Do It Again

3 Genesis Jam

4 Crystal Gates

マティアス・アグアーヨをフィーチャーしたシングル「君はモンスター」以来となる東京のカルトシンセサイザーバンドCRYSTALのニューEP。ソニック・ザ・ヘッジホッグやエコー・ザ・ドルフィンのようなビデオゲームの影響は広範囲に広がっていますが、このカートリッジ・クラシックのノスタルジーは彼らの最新作「Ecco Funk」にも反映されています。

3年ぶりに新たにデュオとなって戻ってきたCRYSTALは、エコー・ザ・ドルフィンの水のような世界にインスピレーションを求めるだけでなく、ウィリアム・ギブスンの作品(具体的には1981年の短編小説「記憶屋ジョニィ」というよりも、キアヌ・リーブスが主演した95年の映画「JM」)にも触れ、レトロフューチャーなサイバースペースの中に自分たちの液体のような世界を切り開いています。

このゲームの影響をダイレクトに受けたタイトルトラックは、イルカのような高音のバーストと、シンジラレナイベーシストによるシンジラレナイ指さばきのベースのグルーヴで幕を開けます。「Ecco Funk」は、歌詞の中にキーボード ・ソロのファンキーなスプラッシュが散りばめられており、セガ・メガドライブの名曲をもう一度プレイしてみたいという願望を表現します。
ディスコベースが疾走するリズムの「Do It Again」にはエレクトリック・ジャズの新世代Niels BroosとVincent Ruizが参加。キラキラと輝くアルペジオと荘子の英語語りが電脳空間を泳ぐサウンドトリップのようです。
三宅が参加したRBMAで話題となった11分間に及ぶスペースジャムを元に作られた「Genesis Jam」は、柔らかでドラマチックなコードセクションとアシッドシンセの対比が印象的な一品。再登場するシンジラレナイベースソロと健気に戦う三宅のチョッパーベースとヴォコーダーは、Zoolook時代のジャン・ミッシェル・ジャール、あるいはFuture Shockのハービー・ハンコックらの影響を感じさせます。
頭をふらふらとさせるような強烈なシンセサイザーと、宇宙空間に響くクリスタルなメロディに彩られた「Crystal Gates」をくぐり、少しだけファンキーになったCRYSTALの最新EPは締めくくられます。

CRYSTALのEcco Funkはサウンドだけでなく、過去の世界へのシンセデュオの献身を再確認させてくれます。16ビットのコンソールはとうの昔になくなったかもしれませんが、Ecco Funkはシンセサイザーの黄金時代を新鮮に捉え、そのノスタルジアに大きな生命力を吹き込んでいるのです。

Video games such as Sonic the Hedgehog and Ecco the Dolphin so defined a generation of gamers that their influences are spread far and wide. Most recently, the nostalgia of these cartridge classics finds itself in Ecco Funk, the upcoming EP from Tokyo synth outfit CRYSTAL.

Appearing on FLAU once again to showcase their frenetic brand of bubbling drum machine beats and eclectic synthwork, CRYSTAL have not only dipped into the watery world of Ecco the Dolphin to seek inspiration, but the work of William Gibson (specifically his 1981 short story Johnny Mnemonic) to carve out a liquid world of their own in a retro-futuristic cyberspace.

The cetacean influences kick off with the title track, complete with dolphin-esque bursts of high-pitched sound and columns of effortless bass groove. ‘Ecco Funk’ is interspersed with suitably funky splashes of keyboard solos among its lyrics that express a desire to once again play the Sega Megadrive classic. Disco bass tumbles through the galloping rhythm of ‘Do It Again’, a journey of sounds that leans towards Yellow Magic Orchestra-level atmospherics.

Juddering beats fuel the angular ‘Genesis Jam’ — another nod to the EP’s retro reminiscence — its soft dramatic chord sections contrasting with its fizzing selection of acid synths, and all founded on tracts of acrobatic bass. Ecco Funk ends with closing track ‘Crystal Gates’, fluttering to the finish with intense woozy synths and suitably crystalline melodies echoing in space.

CRYSTAL’s latest EP reaffirms the dedication of the synth duo to not only sounds, but worlds of the past. 16-bit consoles may be long gone but — taking influences from as far and wide as Joe Hisaishi, Zoolook-era Jean-Michel Jarre and Herbie Hancock — Ecco Funk breathes vital life into nostalgia through this fresh take on the golden age of synthesizers.

KEEP READING