Kumisolo KABUKI FEMME FATALE

CAT No. FLAU63
Release Date: April 7th 2017
Format: CD/LP/Digital

Kumisolo started collaborating with Swedish tropical band Joe Davolaz by singing on their « Cha Cha André » EP. Attracted by their warm and authentic sound, she decided to meet them in Stockholm and record the arrangements for her second album « Kabuki Femme Fatale ». By jamming together in Tropiska studios, a true alchemy soon operated between Kumi’s bitter sweet pop compositions and the band’s live vibrations. Listening to « Kabuki Femme Fatale », music lovers will probably tell their common fascination for timeless pop artists, such as Haruomi Hosono, Martin Denny, Françoise Hardy or the synthpop trio Antena. Like a psych-pop concept album rescued from a time capsule, « Kabuki Femme Fatale » brings you a kaleidoscopic reading on the modern woman with unique hypnotic sounds.
text by Romain Dejoie

 

クミソロ、パリ在住の日本人の中で最もパリジェンヌ、いやジャパリジェンヌのミュージシャンが2枚目のアルバムをリリースします。アルバム『歌舞伎ファムファタル』は音の魔術師Mussette率いるスウェーデンのエキゾチカバンドJoe Davolazの全曲アレンジによるもので、全曲ストックホルムにて録音されました。
頭に残る日本的メロディー、夢心地なフランス語の歌詞に本格的なスウェディッシュタッチのアレンジを加えた他に例を見ないこのアルバムは、全曲クミソロこと岡本久実本人による作曲。パリ8大学で映画を先攻していたこともあり、大のヌーヴェルヴァーグ好きの彼女による映画のテーマのようなポップな作品は、たくさんの楽器たち〜フルート、サックス、ミニムーグ、ラップスティールギター、マリンバ、コンガなど〜によって紡ぎ出されています。
見かけに頼らないでもらいたい、というのも、この『歌舞伎ファムファタル』のアルバムは現代ポップ史上におけるとてもアヴァンギャルドな音を提案しつつ、しかもこの10曲を聞いているうちに超現実な旅行を体験出来る代物なのです。 私たちの愛するポップガールは、ライブではフランスで大人気のアーティストFishbachのバックを勤めるベーシストNicolas Lockhart、日本でもおなじみTahiti80のドラマーRaphaël Légerを新たに加え、いつものギターヒーローRomain Dejoieとの4人編成となっています。新しい楽曲はもちろんの事、おなじみの曲『Danse music』や『Ce soir』などもこの4人メンバー、Kumisolo & Kung Fu Boysによって再現されます。
パリでの3つの有名な箱(silencio, Bus Palladium, le pop up du label)でのギグを経て、あなたの街へクミソロ& カンフーボーイズが夢を運びにやってくるかもしれません。そのためにも、踊って歌えるクミソロアディクトに改宗する覚悟をしておいてください。

KEEP READING

Track List

01 Voyage

02 Pop Girl

03 Jungle Lady

04 Kung-Fu Boy

05 La tête ailleurs

06 Pico Pico Robot Woman

07 Kabuki Femme Fatale

08 Automne Joli

09 Ping Pong Machine

10 Tous Les Jours
11 Cha Cha André (CD Bonus Track)

Press Quotes

Un morceau pop et poétique à la mélodie entêtante qui rappelle les grands noms du yé-yé – Figaro France

キッチュでノスタルジックでエキゾチックな極上のポップアルバム – Latina

Sublime little pop jewelry 
– Redbull Studios Paris

innocence and admiration – Indiemusic

wonderfully woozy and radiant slice of 60’s French pop – The Sunday Experience

マーティン・デニー〜細野エキゾ3部作好きもチェックして欲しい超名作…往年のモンド・エキゾ・サウンドが現代に蘇る
 – Tower Records

Fresh, light, sixties, hopping, it’s a champagne cork – La Parisienne Lif

Kumisolo KABUKI FEMME FATALE

CAT No. FLAU63
Release Date: April 7th 2017
Format: CD/LP/Digital

Track List

01 Voyage

02 Pop Girl

03 Jungle Lady

04 Kung-Fu Boy

05 La tête ailleurs

06 Pico Pico Robot Woman

07 Kabuki Femme Fatale

08 Automne Joli

09 Ping Pong Machine

10 Tous Les Jours
11 Cha Cha André (CD Bonus Track)

Kumisolo started collaborating with Swedish tropical band Joe Davolaz by singing on their « Cha Cha André » EP. Attracted by their warm and authentic sound, she decided to meet them in Stockholm and record the arrangements for her second album « Kabuki Femme Fatale ». By jamming together in Tropiska studios, a true alchemy soon operated between Kumi’s bitter sweet pop compositions and the band’s live vibrations. Listening to « Kabuki Femme Fatale », music lovers will probably tell their common fascination for timeless pop artists, such as Haruomi Hosono, Martin Denny, Françoise Hardy or the synthpop trio Antena. Like a psych-pop concept album rescued from a time capsule, « Kabuki Femme Fatale » brings you a kaleidoscopic reading on the modern woman with unique hypnotic sounds.
text by Romain Dejoie

 

クミソロ、パリ在住の日本人の中で最もパリジェンヌ、いやジャパリジェンヌのミュージシャンが2枚目のアルバムをリリースします。アルバム『歌舞伎ファムファタル』は音の魔術師Mussette率いるスウェーデンのエキゾチカバンドJoe Davolazの全曲アレンジによるもので、全曲ストックホルムにて録音されました。
頭に残る日本的メロディー、夢心地なフランス語の歌詞に本格的なスウェディッシュタッチのアレンジを加えた他に例を見ないこのアルバムは、全曲クミソロこと岡本久実本人による作曲。パリ8大学で映画を先攻していたこともあり、大のヌーヴェルヴァーグ好きの彼女による映画のテーマのようなポップな作品は、たくさんの楽器たち〜フルート、サックス、ミニムーグ、ラップスティールギター、マリンバ、コンガなど〜によって紡ぎ出されています。
見かけに頼らないでもらいたい、というのも、この『歌舞伎ファムファタル』のアルバムは現代ポップ史上におけるとてもアヴァンギャルドな音を提案しつつ、しかもこの10曲を聞いているうちに超現実な旅行を体験出来る代物なのです。 私たちの愛するポップガールは、ライブではフランスで大人気のアーティストFishbachのバックを勤めるベーシストNicolas Lockhart、日本でもおなじみTahiti80のドラマーRaphaël Légerを新たに加え、いつものギターヒーローRomain Dejoieとの4人編成となっています。新しい楽曲はもちろんの事、おなじみの曲『Danse music』や『Ce soir』などもこの4人メンバー、Kumisolo & Kung Fu Boysによって再現されます。
パリでの3つの有名な箱(silencio, Bus Palladium, le pop up du label)でのギグを経て、あなたの街へクミソロ& カンフーボーイズが夢を運びにやってくるかもしれません。そのためにも、踊って歌えるクミソロアディクトに改宗する覚悟をしておいてください。

KEEP READING