Henning Schmiedt Spazieren

CAT No. FLAU23
Release Date: Japan - October 19th / Europe & USA - November 19th 2011
Format: CD/Digital

Wintertime in Germany is long and dark. Everyone longs for signs of spring, its first pale light and warmer winds which begin to triumph over the darkness and melancholy.

This feeling of anticipation and hope is present throughout the twenty-nine miniatures and songs of Spazieren. And when the evening bell of the old village church calls the wanderer back to his home, it was perhaps not only a trip, but also a journey into the past and into dreams never dreamt.

Spazieren is the 3rd solo piano album by Henning Schmiedt released by the label flau. It is a collection of delicate, simple, solo piano short-stories
.
This CD was recorded in Berlin last winter for a release in Japan in early spring. The launch was postponed after the massive earthquake that occurred in eastern Japan in March. In memory of the victims, Henning recorded and dedicated a new piece “Libelle stille Andacht 11.3.2011”

 

春を待つこと。私たち日本人にとってはもちろんのこと、Henning Schmiedtの住むドイツでは、ここ日本よりも暗く長く、そして太陽のない冬があります。 冷たい風が吹き、大地は氷り、地上の色彩は全て灰色へと変わる。多くの詩人たちが残したように、ここでの冬は、あまりにも大きく重く、人々の暮らしへと覆いかぶさります。いつ終わるとも知らない薄明の中で、私たちは春の声を探しながら、残された悲しみと対峙し、暖かな日の記憶を辿っては、心の中で様々な場所へと向かうのです。
雨が上がり、お気に入りの靴を履いて、いつもの森へと歩き始める。Henning Schmiedtがピアノで描く春の日は、子どもの頃の情景であったり、見たこともない夢の中だったりすることに、私たちは鐘が鳴る頃にふと気づくのかもしれません。

ソロピアノ3作品目となる本作『Spazieren』は2010年の冬にベルリンのスタジオで録音。これまでの作品の中でも、最もシンプルに、まっすぐに紡がれたメロディーの数々。『散歩』というタイトルからも想像される通り、柔らかな春の日差しを連想させる爽やかなピアノの旋律、小気味良いテンポ感溢れる小曲集となっています。
当初春に予定されるはずだったこの作品は、3月に起こった東日本大震災によって発売が延期されました。アルバムの最後に追加収録された『Libelle stille andacht 11.3.2011 』は震災後に改めてHenningが追悼の意味をこめて録音したものです。

KEEP READING

Track List

Album Preview

 

01 Der Regen hat aufgehört

02 Wanderschuhe

03 Große Schritte, kleine Schritte

04 Weit entfernt

05 In den Wald

06 Ein neues Lied im Kopf

07 Am See vorbei

08 Weite Wiese

09 Und ein zweites Lied

10 Ich zähl die Wolken

11 Dann kam das Lied No. 3

12 Wolke 11

13 Wolke 12

14 Alte Kirche

15 Grashüpfer

16 Weitergehn

17 Verfallenes Tor

18 Alter Garten, alte Bäume

19 Schiefe Leiter

20 Gestern?

21 Es tropft wieder

22 Nein heute!

23 Ja, so ist es

24 Schneller gehen

25 Kleine Pause

26 Ich höre Glocken

27 Spielzeug in meiner Tasche

28 Nach Hause

Press Quotes

reminds me a lot of Brooklyn’s George Gershwin…it fits well for a calm afternoon, when you are listening to summer winds on your balcony – PonyDanceClyde

Henning Schmiedt Spazieren

CAT No. FLAU23
Release Date: Japan - October 19th / Europe & USA - November 19th 2011
Format: CD/Digital

Track List

Album Preview

 

01 Der Regen hat aufgehört

02 Wanderschuhe

03 Große Schritte, kleine Schritte

04 Weit entfernt

05 In den Wald

06 Ein neues Lied im Kopf

07 Am See vorbei

08 Weite Wiese

09 Und ein zweites Lied

10 Ich zähl die Wolken

11 Dann kam das Lied No. 3

12 Wolke 11

13 Wolke 12

14 Alte Kirche

15 Grashüpfer

16 Weitergehn

17 Verfallenes Tor

18 Alter Garten, alte Bäume

19 Schiefe Leiter

20 Gestern?

21 Es tropft wieder

22 Nein heute!

23 Ja, so ist es

24 Schneller gehen

25 Kleine Pause

26 Ich höre Glocken

27 Spielzeug in meiner Tasche

28 Nach Hause

Wintertime in Germany is long and dark. Everyone longs for signs of spring, its first pale light and warmer winds which begin to triumph over the darkness and melancholy.

This feeling of anticipation and hope is present throughout the twenty-nine miniatures and songs of Spazieren. And when the evening bell of the old village church calls the wanderer back to his home, it was perhaps not only a trip, but also a journey into the past and into dreams never dreamt.

Spazieren is the 3rd solo piano album by Henning Schmiedt released by the label flau. It is a collection of delicate, simple, solo piano short-stories
.
This CD was recorded in Berlin last winter for a release in Japan in early spring. The launch was postponed after the massive earthquake that occurred in eastern Japan in March. In memory of the victims, Henning recorded and dedicated a new piece “Libelle stille Andacht 11.3.2011”

 

春を待つこと。私たち日本人にとってはもちろんのこと、Henning Schmiedtの住むドイツでは、ここ日本よりも暗く長く、そして太陽のない冬があります。 冷たい風が吹き、大地は氷り、地上の色彩は全て灰色へと変わる。多くの詩人たちが残したように、ここでの冬は、あまりにも大きく重く、人々の暮らしへと覆いかぶさります。いつ終わるとも知らない薄明の中で、私たちは春の声を探しながら、残された悲しみと対峙し、暖かな日の記憶を辿っては、心の中で様々な場所へと向かうのです。
雨が上がり、お気に入りの靴を履いて、いつもの森へと歩き始める。Henning Schmiedtがピアノで描く春の日は、子どもの頃の情景であったり、見たこともない夢の中だったりすることに、私たちは鐘が鳴る頃にふと気づくのかもしれません。

ソロピアノ3作品目となる本作『Spazieren』は2010年の冬にベルリンのスタジオで録音。これまでの作品の中でも、最もシンプルに、まっすぐに紡がれたメロディーの数々。『散歩』というタイトルからも想像される通り、柔らかな春の日差しを連想させる爽やかなピアノの旋律、小気味良いテンポ感溢れる小曲集となっています。
当初春に予定されるはずだったこの作品は、3月に起こった東日本大震災によって発売が延期されました。アルバムの最後に追加収録された『Libelle stille andacht 11.3.2011 』は震災後に改めてHenningが追悼の意味をこめて録音したものです。

KEEP READING