Noah Étoile

CAT No. FLAUR51
Release Date: October 27th, 2021
Format: Digital

ヴェイパーウェイブ〜シティーポップ、R&Bを横断・進化する作風で注目を集めるアーティストNoahが、デビュー以来となるミックステープをリリース。白昼夢のような情景を表現したデビューアルバム Sivutie、80年代香港ポップをヴェイパーウェイブを通過したエレクトロへと進化させた Thirty と、様々にサウンドを変化させてきた北海道出身のミュージシャンNoahは、ここ数年の間にようやく自分が本当に表現したいことが見えてきた、と言います。伝統や権威への反発と、怒りや深い悲しみなどの感情を魂の領域で意識したことが、この魅力的なミックステープを生み出す力となりました。

ハープやストリングスなどのクラシカルな楽器、時代に逆行するような切り刻んだピアノが織りなすゴシックな世界に、Noah独自のミニマリズムが合わさり、ファッションショーの音楽を想定して作られたというだけあって、これまでになく深みのある荘厳さと気品を感じさせます。常にビジュアルを意識して音楽を制作するという彼女は、Etoileを通して荒涼としながらもエレガントな世界への視線を作り出しています。それは、ファンタジックで煌びやかなショーのサウンドトラックのようでもあり、別の世界への扉を開くかのようにも聴こえるのです。

The Hokkaido-born musician Noah has changed her constantly seen her sound evolving since the release of her first album Sivutie. While she described it as “a sonic vision of a daydream scene,” 2019’s Thirty contained a mysterious, vapor-wave-like atmosphere that functioned as a gateway to Tokyo’s urban world. While also incorporating the delicious minimalism of 80’s Hong Kong pop, Noah finally realized what she really wanted to express in the last few years.

Her rebellion against tradition/authority and her awareness of deep emotions like anger and sadness powered the creation of fascinating collection of songs. The EP featured a varied palette of sounds such as classical instruments like harp and strings, cut-up piano shreds, simple breakbeats, and four on the floor rhythms, creating an admirable balance of gothic and solemnity. Through her music, she was able to create a sightline into her unique worldview that is desolate yet, elegant. The poetry and choruses used in Noah’s music open the door to other worlds, culminating in a sound that is both shimmering and elegant.

KEEP READING

Track List

1 Rosa alba

2 Perdu au paradis

3 Moonchild

Press Quotes

every touch is a delicate one, but still makes itself felt, in an almost extrasensory way…Music that you feel at the edge of your nerves – Nothing But Hope And Passion
 
mesmerizing and otherworldly soundscape – Wolf In A Suite
vibey and enigmatic – Petal Motel

Noah Étoile

CAT No. FLAUR51
Release Date: October 27th, 2021
Format: Digital

Track List

1 Rosa alba

2 Perdu au paradis

3 Moonchild

ヴェイパーウェイブ〜シティーポップ、R&Bを横断・進化する作風で注目を集めるアーティストNoahが、デビュー以来となるミックステープをリリース。白昼夢のような情景を表現したデビューアルバム Sivutie、80年代香港ポップをヴェイパーウェイブを通過したエレクトロへと進化させた Thirty と、様々にサウンドを変化させてきた北海道出身のミュージシャンNoahは、ここ数年の間にようやく自分が本当に表現したいことが見えてきた、と言います。伝統や権威への反発と、怒りや深い悲しみなどの感情を魂の領域で意識したことが、この魅力的なミックステープを生み出す力となりました。

ハープやストリングスなどのクラシカルな楽器、時代に逆行するような切り刻んだピアノが織りなすゴシックな世界に、Noah独自のミニマリズムが合わさり、ファッションショーの音楽を想定して作られたというだけあって、これまでになく深みのある荘厳さと気品を感じさせます。常にビジュアルを意識して音楽を制作するという彼女は、Etoileを通して荒涼としながらもエレガントな世界への視線を作り出しています。それは、ファンタジックで煌びやかなショーのサウンドトラックのようでもあり、別の世界への扉を開くかのようにも聴こえるのです。

The Hokkaido-born musician Noah has changed her constantly seen her sound evolving since the release of her first album Sivutie. While she described it as “a sonic vision of a daydream scene,” 2019’s Thirty contained a mysterious, vapor-wave-like atmosphere that functioned as a gateway to Tokyo’s urban world. While also incorporating the delicious minimalism of 80’s Hong Kong pop, Noah finally realized what she really wanted to express in the last few years.

Her rebellion against tradition/authority and her awareness of deep emotions like anger and sadness powered the creation of fascinating collection of songs. The EP featured a varied palette of sounds such as classical instruments like harp and strings, cut-up piano shreds, simple breakbeats, and four on the floor rhythms, creating an admirable balance of gothic and solemnity. Through her music, she was able to create a sightline into her unique worldview that is desolate yet, elegant. The poetry and choruses used in Noah’s music open the door to other worlds, culminating in a sound that is both shimmering and elegant.

KEEP READING