Seigen Tokuzawa & Masaki Hayashi

徳澤 青弦 (とくざわ せいげん)

1976 年生まれ、東京出身。チェリスト・作曲・編曲家。 東京芸大でクラシックを研鑽した後、新しい発見を求めてポップス・ジャズ・ロッ クの分野で活動を始める。楽曲に対する忠実なアプローチ、柔軟な独創性を併せ 持った作風・演奏スタイルで、多くのアーティストから信頼されている。 小林賢太郎の舞台音楽制作に携わり、これまでに徳澤青弦名義で 5 枚のアルバム をリリース。anonymass や、Throwing a Spoon としても何枚かリリース。 2009 年より、さだまさしコンサートツアーに参加。映画『天気の子』『君の名は。』 いずれもオーケストレーションに携わる。2015 年フジテレビ(FNN)「こんやの ニュース」「あしたのニュース」NHK「ドキュメント 72 時間」等に楽曲提供。 NHK E テレ「ムジカ・ピッコリーノ」ゴーシュ役で出演。

林正樹(はやし まさき)

1978 年東京生れ。ピアニスト、作曲家。 自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などのプロジェクトの他に、 小野リサ、金子飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akiko など様々な音楽家とアコース ティックな演奏活動を中心に行なっている。「渡辺貞夫クインテット」「クアトロシエントス」「菊地成孔とペペ・トルメント・ アスカラール」「Salle Gaveau」などのグループにも在籍。 多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティン グと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。 三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く 参加。2016 年舞台「書く女」( 主演 : 黒木華 / 作 , 演出 : 永井愛 )、2017 年舞台「オーランドー」( 主演 : 多部未華子 / 演出 : 白井晃 ) の音楽を担当。 2020 年 3 月にはチェリスト徳澤青弦との DUO 作品をリリース予定。

Pianist Masaki Hayashi & cellist Seigen Tokuzawa formed their musical partnership back in 2011. At the time they were both in Naruyoshi Kikuchi y Pepe Torment Azucarar; with Hayashi primarily grounded in jazz, and Tokuzawa classical, it was to be an interesting partnership.

Various influences and side projects have contributed to the duo’s most recent release, Drift. Hayashi began his music career in 1997, touring the world with Takio Ito & Takio Band, and has since worked with many artists including Ringo Sheena and Risa Ono; most recently, he headed up quintet Masama Kano for their second release, Green Chorus (2018).

Tokuzawa, on the other hand, is devoted to the arrangement of music, doing so not only for strings but whole orchestras; he has provided music for such varied outlets as NHK and Fuji TV, as well as playing on the soundtrack for Nintendo’s Splatoon in 2015. He is also one-third of quirky pop trio anonymass, formed in 2003.

Their partnership, neither jazz nor post-classical, speaks of a mutual respect for each other’s craft, with both musicians drawing from their musical experiences through the years for a dynamic, flawless result on Drift.

photo by Ryo Mitamura

DISCOGRAPHY

Drift (flau, 2020)

PRESS QUOTES

Seigen Tokuzawa & Masaki Hayashi

JAPAN

徳澤 青弦 (とくざわ せいげん)

1976 年生まれ、東京出身。チェリスト・作曲・編曲家。 東京芸大でクラシックを研鑽した後、新しい発見を求めてポップス・ジャズ・ロッ クの分野で活動を始める。楽曲に対する忠実なアプローチ、柔軟な独創性を併せ 持った作風・演奏スタイルで、多くのアーティストから信頼されている。 小林賢太郎の舞台音楽制作に携わり、これまでに徳澤青弦名義で 5 枚のアルバム をリリース。anonymass や、Throwing a Spoon としても何枚かリリース。 2009 年より、さだまさしコンサートツアーに参加。映画『天気の子』『君の名は。』 いずれもオーケストレーションに携わる。2015 年フジテレビ(FNN)「こんやの ニュース」「あしたのニュース」NHK「ドキュメント 72 時間」等に楽曲提供。 NHK E テレ「ムジカ・ピッコリーノ」ゴーシュ役で出演。

林正樹(はやし まさき)

1978 年東京生れ。ピアニスト、作曲家。 自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などのプロジェクトの他に、 小野リサ、金子飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akiko など様々な音楽家とアコース ティックな演奏活動を中心に行なっている。「渡辺貞夫クインテット」「クアトロシエントス」「菊地成孔とペペ・トルメント・ アスカラール」「Salle Gaveau」などのグループにも在籍。 多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティン グと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。 三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く 参加。2016 年舞台「書く女」( 主演 : 黒木華 / 作 , 演出 : 永井愛 )、2017 年舞台「オーランドー」( 主演 : 多部未華子 / 演出 : 白井晃 ) の音楽を担当。 2020 年 3 月にはチェリスト徳澤青弦との DUO 作品をリリース予定。

Pianist Masaki Hayashi & cellist Seigen Tokuzawa formed their musical partnership back in 2011. At the time they were both in Naruyoshi Kikuchi y Pepe Torment Azucarar; with Hayashi primarily grounded in jazz, and Tokuzawa classical, it was to be an interesting partnership.

Various influences and side projects have contributed to the duo’s most recent release, Drift. Hayashi began his music career in 1997, touring the world with Takio Ito & Takio Band, and has since worked with many artists including Ringo Sheena and Risa Ono; most recently, he headed up quintet Masama Kano for their second release, Green Chorus (2018).

Tokuzawa, on the other hand, is devoted to the arrangement of music, doing so not only for strings but whole orchestras; he has provided music for such varied outlets as NHK and Fuji TV, as well as playing on the soundtrack for Nintendo’s Splatoon in 2015. He is also one-third of quirky pop trio anonymass, formed in 2003.

Their partnership, neither jazz nor post-classical, speaks of a mutual respect for each other’s craft, with both musicians drawing from their musical experiences through the years for a dynamic, flawless result on Drift.

photo by Ryo Mitamura

NEWS

Jan 29th, 2020

Miu Sakamoto’s Dear Friends

Jan 23rd, 2020

Seigen Tokuzawa & Masaki Hayashi Tour ‘Drift’ 2020