Cicada

2009年の秋、作曲とピアノを担当する江致潔 (Jesy Chiang)を中心に結成され、現在は4人組で活動する室内楽アンサンブル。人々がセミを形ではなく音によってその存在を知ることから、この名前が付けられた。2010年にÓlafur Arnaldsのライヴのオープニング・アクトとしてでデビュー、アルバムPiecesが台湾で大ヒットを記録し、いくつかのリリースと共に瞬く間に台湾で最も勢いのあるアーティストに成長した。
2013年、台湾の西海岸をテーマとしたCoastland、東海岸と太平洋からインスピレーションを受けたLight Shining Through the Sea2作を発表。表裏一体となるこの二つのアルバムでは、土地を擬人化し、海洋汚染やあらゆる環境変化を表現。後にFLAUよりアルバム Oceanとしてコンパイルされ、初のワールドワイド・リリースを果たした。翌年にはグループの初期作をまとめたコンピレーションFarewellをリリースし、初来日ツアーも成功を収めた。海洋生物や都市に住む鳥や猫などに捧げられたアルバムWhite Forestを挟み、今年結成10周年を記念した新作アルバムHiking in the Mistをリリースする。

Cicada from Taiwan was formed in 2009 consists of violin, cello, acoustic guitar, and piano. It’s named after Cicada because people are aware of cicada’s existence by their sound instead of forms.
In 2013, Cicada began to compose for Taiwan. The theme of Coastland was the west coastland in Taiwan, and Light Shining Through the Sea was inspired by the east coast of Taiwan and the Pacific Ocean. These two albums personify the land and portray the feeling undergoing all the changes and damages. Cicada later collaborated with the Japanese label FLAU to release Ocean based on these two albums for worldwide.
In 2016, Cicada selected 14 songs from Over the Sea/Under the Water, Pieces and Let’s Go! with the new recording and production to make the album Farewell.
The most recent release in 2017 White Forest was dedicated to animals including coral reefs, sea turtles, humpback whales, dolphins, as well as cats in the city and birds in the mountains.
Cicada walked into the mountain from the ocean on the 10th year and released Hiking in the Mist. It’s their hiking journal with intention to depict their homeland with expansive views.

DISCOGRAPHY

ALBUM

Ocean (flau, 2015)
Farewell (flau, 2016)
White Forest (fau, 2017)
Hiking in the Mist (flau, 2019)

PRESS QUOTES

Cicada

TAIWAN

2009年の秋、作曲とピアノを担当する江致潔 (Jesy Chiang)を中心に結成され、現在は4人組で活動する室内楽アンサンブル。人々がセミを形ではなく音によってその存在を知ることから、この名前が付けられた。2010年にÓlafur Arnaldsのライヴのオープニング・アクトとしてでデビュー、アルバムPiecesが台湾で大ヒットを記録し、いくつかのリリースと共に瞬く間に台湾で最も勢いのあるアーティストに成長した。
2013年、台湾の西海岸をテーマとしたCoastland、東海岸と太平洋からインスピレーションを受けたLight Shining Through the Sea2作を発表。表裏一体となるこの二つのアルバムでは、土地を擬人化し、海洋汚染やあらゆる環境変化を表現。後にFLAUよりアルバム Oceanとしてコンパイルされ、初のワールドワイド・リリースを果たした。翌年にはグループの初期作をまとめたコンピレーションFarewellをリリースし、初来日ツアーも成功を収めた。海洋生物や都市に住む鳥や猫などに捧げられたアルバムWhite Forestを挟み、今年結成10周年を記念した新作アルバムHiking in the Mistをリリースする。

Cicada from Taiwan was formed in 2009 consists of violin, cello, acoustic guitar, and piano. It’s named after Cicada because people are aware of cicada’s existence by their sound instead of forms.
In 2013, Cicada began to compose for Taiwan. The theme of Coastland was the west coastland in Taiwan, and Light Shining Through the Sea was inspired by the east coast of Taiwan and the Pacific Ocean. These two albums personify the land and portray the feeling undergoing all the changes and damages. Cicada later collaborated with the Japanese label FLAU to release Ocean based on these two albums for worldwide.
In 2016, Cicada selected 14 songs from Over the Sea/Under the Water, Pieces and Let’s Go! with the new recording and production to make the album Farewell.
The most recent release in 2017 White Forest was dedicated to animals including coral reefs, sea turtles, humpback whales, dolphins, as well as cats in the city and birds in the mountains.
Cicada walked into the mountain from the ocean on the 10th year and released Hiking in the Mist. It’s their hiking journal with intention to depict their homeland with expansive views.

NEWS

May 29th, 2019

Cicada Russia Tour 2019

Oct 27th, 2018

Cicada to play at Golden Indie Music Awards tonight

Aug 3rd, 2018

Cicada x ‘Berlin: Symphony of a Great City’ at 澳門國際紀錄片電影節 MOIDF

Jun 25th, 2018

Cicada ‘White Forest’ on BBC Radio 3

Jun 9th, 2018

Cicada interview on the latest issue of Latina magazine