Machinone

東北生まれ。アコースティックギターを中心にバンジョー、クラリネット、足踏みオルガン、木製の玩具、小型ピアノ、オルゴール、ドラムブラシ、テープレコーダー、鉄琴など様々な楽器を使い、広い意味での街をテーマとして作曲。親しみやすさと、柔らかさ、時に煌めきをも感じる旋律と共に、ベル、弓、ボタンなどを使った自作のプリペアド・ギターなどの実験的手法によって普遍的かつ独創的な音楽を作っている。2014年、6年ほど住んでいた東京の西側をテーマに幻想を交えた作品「Tokyo」をflauより発表。「のびのびBOYのサウンドトラックとBibioとの出会い」「漂流する空想のサウンドトラック」などと海外メディアから評される。Les Halles、Hakobune、Jeremy Dowerら参加の「Tokyo Remixes」をオンラインで同年リリース。カンヌ映画祭ショートフィルムコーナー選出の「The Latecomer」(dir: Albert Choi)他、多数の映像作品、CMに音楽を提供している。

machinoneの音楽は、日常の機微を淡い色彩で映し出す。現代を生きる都市生活者のフォークミュージック。その風景は都市の夜明け、朝日のまどろみの中の束の間の静寂のようでもあり、いつかの夏の日の懐かしい思い出のようでもある。– 河野洋志 (bar buenos aires)

Machinone is the solo project of Sanriku-raised Daizo Kato – a multi-instrumentalist and composer that is currently based in Atsugi via Tokyo. He composes universal and creative music based on town in a broad sense, by using instruments like guitar, banjo, clarinet, reed organ, small piano, wood toys, music box, tape recorder, glockenspiel and cello. Machinone constantly exploring ways to experiment new technique like prepared guitar, but his music always bears his unique touches, the mellowness, and the occasionally bitter-sweetness.

 

DISCOGRAPHY

ALBUM

Tokyo (flau, 2014)
Tokyo Remixes (flau, 2014)
Pieni (flau, 2018)

PRESS QUOTES

perfectly capture the sound of Japan’s ura-dori: the tableau-like backstreets full of century-plus old houses and closed, abandoned or repurposed Showa-era shops and machiya – Solar Flares

the comfort and fantasy of home DUMMY

alternately nostalgic, melancholy, wistful, and bittersweet Textura

interesting, experimental twist, which at times reminded me of the work of Flim – Vital Weekly

beautifully played classical guitar evocations that you can’t help but fall in love with. A delight Norman Records

PRESS QUOTES

perfectly capture the sound of Japan’s ura-dori: the tableau-like backstreets full of century-plus old houses and closed, abandoned or repurposed Showa-era shops and machiya – Solar Flares

the comfort and fantasy of home DUMMY

alternately nostalgic, melancholy, wistful, and bittersweet Textura

interesting, experimental twist, which at times reminded me of the work of Flim – Vital Weekly

beautifully played classical guitar evocations that you can’t help but fall in love with. A delight Norman Records

Machinone

JAPAN

東北生まれ。アコースティックギターを中心にバンジョー、クラリネット、足踏みオルガン、木製の玩具、小型ピアノ、オルゴール、ドラムブラシ、テープレコーダー、鉄琴など様々な楽器を使い、広い意味での街をテーマとして作曲。親しみやすさと、柔らかさ、時に煌めきをも感じる旋律と共に、ベル、弓、ボタンなどを使った自作のプリペアド・ギターなどの実験的手法によって普遍的かつ独創的な音楽を作っている。2014年、6年ほど住んでいた東京の西側をテーマに幻想を交えた作品「Tokyo」をflauより発表。「のびのびBOYのサウンドトラックとBibioとの出会い」「漂流する空想のサウンドトラック」などと海外メディアから評される。Les Halles、Hakobune、Jeremy Dowerら参加の「Tokyo Remixes」をオンラインで同年リリース。カンヌ映画祭ショートフィルムコーナー選出の「The Latecomer」(dir: Albert Choi)他、多数の映像作品、CMに音楽を提供している。

machinoneの音楽は、日常の機微を淡い色彩で映し出す。現代を生きる都市生活者のフォークミュージック。その風景は都市の夜明け、朝日のまどろみの中の束の間の静寂のようでもあり、いつかの夏の日の懐かしい思い出のようでもある。– 河野洋志 (bar buenos aires)

Machinone is the solo project of Sanriku-raised Daizo Kato – a multi-instrumentalist and composer that is currently based in Atsugi via Tokyo. He composes universal and creative music based on town in a broad sense, by using instruments like guitar, banjo, clarinet, reed organ, small piano, wood toys, music box, tape recorder, glockenspiel and cello. Machinone constantly exploring ways to experiment new technique like prepared guitar, but his music always bears his unique touches, the mellowness, and the occasionally bitter-sweetness.

 

NEWS

Nov 7th, 2018

Machinone – Leaf Boat and Tiny Lighthouse

Nov 7th, 2018

Machinone – Pieni out now

Oct 4th, 2018

Machinone will release Pieni, listen to ‘Hanayoubi’