Sparrows Berries

CAT No. FLAUR41
Release Date: September 27th, 2019
Format: LP/Digital

「旅はいつもSparrowsの作品のテーマです」と三宅亮太は話します。ニュージーランドのギターポップ新世代Fazerdaze、三宅とFlash Amazonasを組むスペインのJuliánMayorga、カナダ・トロントの若手シンガーソングライターCasey MQ、ジャズ・ベーシストでもあるスイスのVincent Ruiz、イラン系アメリカ人プロデューサーKamron Saniee。国際色豊かなアーティストが登場するゲスト陣との交流だけではなく、音楽そのものの雰囲気においても、このことは感じられます。前作 Collected Visits で描かれた空想よりも、もう少し確かな、SFのような旅路。

そして、SFのような旅行という点で、Sparrowsの最新作に勝るものはありません。彼のバンドCRYSTALのレトロ・ダダイストなエレクトロニック・ミュージックからヒントを得て、pre-YMOフュージョンとも呼べそうなThe Star Tours、趣深いビデオゲーム・ミュージックにびっしりと包まれたMoon 、偽物のジャズバンドにアシッドハウスのベースラインとシンセノイズを組み合わせたBands In The Sandなど、どの曲も足を宙に浮かせたようなフェイクじみた浮遊感に溢れています。「偽物の、空想のバンド」というテーマは、この作品を説明する時に重要なワードです。

Berriesは 「Coffee and TV」 のジャングリーさ、派手で遊び心のあるジャズの要素、 60年代のサイケデリアとギャロッピング奏法、風通しの良いスペース・ロックのパッチワークを転々としながら、変化に富んだ生き生きとした旅に出ます。子どもの頃からジャズやフュージョン、ソウル・ミュージックが流れる家庭に育ったという三宅は、幼少期の音楽的な影響を否定はしないものの、作品全体のトーンを、海外で過ごしたふわっとした生活と、ずっと好きだったという淡く夢見心地でサイケデリックな雰囲気をミックスさせたもの、と話します。

ふわっとした生活といえば、当初 Sparrows’ Lazy Lifeというアルバムのタイトルを予定していたこの作品。スズメの友達エミリーが、テイラー・スウィフトのように甘いポップスがたくさんあるから、と提案してきたその名前は、スズメの涙よりは少しだけ大きいBerriesというタイトルです。

“Travel is always the theme of Sparrows’ work,” says Ryota Miyake (aka Sparrows himself). It’s on his latest album Berries that this is truly exemplified, not just in the international smorgasbord of featuring artists from Fazerdaze (New Zealand), Julián Mayorga (Spain), Casey MQ (Canada) and Vincent Ruiz aka Yung Veerp (Switzland), to Iranian-American producer Kamron Saniee, but in the actual feeling of the music itself. “I wanted it to be a little hard-boiled and rough,” he admits, “but in the end, the concept is to travel like science fiction.”

And when it comes to “travel like science fiction”, nothing does it better than Miyake’s latest body of work. Taking cues from the retro dadaist electronica of his band CRYSTAL, there are tracks like ‘Moon’, drenched in atmospheric VGM flavours, ‘The Star Tours’ which Ryota himself describes as “pre-YMO fusion”, and the “phony jazz band, acid house bass and synth noise” of ‘Bands In The Sand’. This theme of the “imaginary band” crops up more than once.

Elsewhere Berries tumbles along in a patchwork of ‘Coffee and TV’ jangle, splashy jazz elements, ‘60s psychedelia and galloping, airy space rock, making for a journey that’s as vivid as it is varied. Sounds, we’re told, from Miyake’s student days.

“I had a lot of opportunities to listen to jazz, fusion, and soul,” he admits, “but I decided on the overall tone thinking that I would be able to mix the feeling of the puffy life I had spent abroad with the pale, dreamy, psychic atmosphere I had always liked.”

Speaking of that “puffy life”, he was originally going to name the album Sparrows’ Lazy Life but decided on Berries when a friend suggested “a short title like Taylor Swift because there were a lot of sweet pop songs.” Each track on Berries bursts with flavour: the perfect road trip snack for a mystical mixed salad of journeys and travels.

KEEP READING

Track List

01 Sweet Holograms

02 Gold In The Tide (feat. Fazerdaze)

03 Moon

04 Dreamy Puzzle (feat. Julián Mayorga)

05 Bands In The Sand

06 La chanson du Kisuki (feat. Vincent)

07 Dizzy Jazz

08 The Star Tours

09 Never Knew That (feat. Kamron Saniee)

10 On Air (feat. Casey MQ)

11 Eating The Clouds

12 Home

13 From Belle’s To Olive

Sparrows Berries

CAT No. FLAUR41
Release Date: September 27th, 2019
Format: LP/Digital

Track List

01 Sweet Holograms

02 Gold In The Tide (feat. Fazerdaze)

03 Moon

04 Dreamy Puzzle (feat. Julián Mayorga)

05 Bands In The Sand

06 La chanson du Kisuki (feat. Vincent)

07 Dizzy Jazz

08 The Star Tours

09 Never Knew That (feat. Kamron Saniee)

10 On Air (feat. Casey MQ)

11 Eating The Clouds

12 Home

13 From Belle’s To Olive

「旅はいつもSparrowsの作品のテーマです」と三宅亮太は話します。ニュージーランドのギターポップ新世代Fazerdaze、三宅とFlash Amazonasを組むスペインのJuliánMayorga、カナダ・トロントの若手シンガーソングライターCasey MQ、ジャズ・ベーシストでもあるスイスのVincent Ruiz、イラン系アメリカ人プロデューサーKamron Saniee。国際色豊かなアーティストが登場するゲスト陣との交流だけではなく、音楽そのものの雰囲気においても、このことは感じられます。前作 Collected Visits で描かれた空想よりも、もう少し確かな、SFのような旅路。

そして、SFのような旅行という点で、Sparrowsの最新作に勝るものはありません。彼のバンドCRYSTALのレトロ・ダダイストなエレクトロニック・ミュージックからヒントを得て、pre-YMOフュージョンとも呼べそうなThe Star Tours、趣深いビデオゲーム・ミュージックにびっしりと包まれたMoon 、偽物のジャズバンドにアシッドハウスのベースラインとシンセノイズを組み合わせたBands In The Sandなど、どの曲も足を宙に浮かせたようなフェイクじみた浮遊感に溢れています。「偽物の、空想のバンド」というテーマは、この作品を説明する時に重要なワードです。

Berriesは 「Coffee and TV」 のジャングリーさ、派手で遊び心のあるジャズの要素、 60年代のサイケデリアとギャロッピング奏法、風通しの良いスペース・ロックのパッチワークを転々としながら、変化に富んだ生き生きとした旅に出ます。子どもの頃からジャズやフュージョン、ソウル・ミュージックが流れる家庭に育ったという三宅は、幼少期の音楽的な影響を否定はしないものの、作品全体のトーンを、海外で過ごしたふわっとした生活と、ずっと好きだったという淡く夢見心地でサイケデリックな雰囲気をミックスさせたもの、と話します。

ふわっとした生活といえば、当初 Sparrows’ Lazy Lifeというアルバムのタイトルを予定していたこの作品。スズメの友達エミリーが、テイラー・スウィフトのように甘いポップスがたくさんあるから、と提案してきたその名前は、スズメの涙よりは少しだけ大きいBerriesというタイトルです。

“Travel is always the theme of Sparrows’ work,” says Ryota Miyake (aka Sparrows himself). It’s on his latest album Berries that this is truly exemplified, not just in the international smorgasbord of featuring artists from Fazerdaze (New Zealand), Julián Mayorga (Spain), Casey MQ (Canada) and Vincent Ruiz aka Yung Veerp (Switzland), to Iranian-American producer Kamron Saniee, but in the actual feeling of the music itself. “I wanted it to be a little hard-boiled and rough,” he admits, “but in the end, the concept is to travel like science fiction.”

And when it comes to “travel like science fiction”, nothing does it better than Miyake’s latest body of work. Taking cues from the retro dadaist electronica of his band CRYSTAL, there are tracks like ‘Moon’, drenched in atmospheric VGM flavours, ‘The Star Tours’ which Ryota himself describes as “pre-YMO fusion”, and the “phony jazz band, acid house bass and synth noise” of ‘Bands In The Sand’. This theme of the “imaginary band” crops up more than once.

Elsewhere Berries tumbles along in a patchwork of ‘Coffee and TV’ jangle, splashy jazz elements, ‘60s psychedelia and galloping, airy space rock, making for a journey that’s as vivid as it is varied. Sounds, we’re told, from Miyake’s student days.

“I had a lot of opportunities to listen to jazz, fusion, and soul,” he admits, “but I decided on the overall tone thinking that I would be able to mix the feeling of the puffy life I had spent abroad with the pale, dreamy, psychic atmosphere I had always liked.”

Speaking of that “puffy life”, he was originally going to name the album Sparrows’ Lazy Life but decided on Berries when a friend suggested “a short title like Taylor Swift because there were a lot of sweet pop songs.” Each track on Berries bursts with flavour: the perfect road trip snack for a mystical mixed salad of journeys and travels.

KEEP READING