Motohiro Nakashima Gathering The Light

CAT No. FLAU89
Release Date: 2021-12-01
Format: CD/DIGITAL

広島出身のギタリスト中島基裕のニューアルバム Gathering the Light の制作は、教育研究者の大田堯を追ったドキュメンタリー映画「かすかな光へ」を見たところから始まります。人生と学ぶことの意味を追求したこのドキュメンタリーに触発され、中島は光をテーマにしたアルバムを作り上げました。

現代の生活にある様々な矛盾と、そこに疑問を持ちながらも依存せざるをえない葛藤は、中島にとって長い間感じている生きづらさや苦悩の根底にある、と言います。その中で、生きることの、時として暗さを相殺する光は、友人や家族、恋人、音楽や趣味などにあり、人々は皆これらの多彩で大切な光の源を集めていると中島は考えています。このアルバムでは光にまつわる風景や思い出を、情感豊かな音楽の詩として表現します。

Gathering The Light の音楽は、中島のフィンガーピッキングスタイル・ギターによる牧歌的な雰囲気に包まれており、ARAKI Shinによるストリングス・アレンジとフルート、サックスの効果も相まって、フォークロア的でありながらプログレッシブな印象を与えるインストゥルメンタル・ミュージックとなりました。アルバムのタイトル曲「Gathering the Light」は、豊かな旋律が新中世音楽のような趣を醸し出し、「The End Isn’t the End」では、素朴で弾むようなギターとグロッケンシュピールに並列して、ミニマルなコードとエフェクトが素晴らしいカクテルを作ります。ユリー・シュルヴィッツの「よあけ」に影響を受けたという「Paddle」では、シンプルかつ複雑なギターと、それに呼応するピアノや高音のマンドリン、「Reflection」では、太陽の光を浴びたアルペジオ、重ねられたフルート、子供のようなグロッケンシュピール、「Reliable Ambiguity」では、エフェクトを多用した音の波が、沈んだ夕日のような雰囲気を醸し出しています。

子供の遊び場に虫の鳴き声、岸辺に打ち寄せる波など、さまざまな音やフィールド・レコーディングを集めて、暖かみのある色と柔らかな質感を表現した本作では、その一端一端にいつも光が集められています。それは、太陽の下で変化する風景を眺める時や、家族と一緒にくつろぐ時など、憂鬱の中から生まれる美しさを慈しむような光なのです。

Hiroshima native Motohiro Nakashima is back with his latest album for FLAU, Gathering The Light. The 12-track release from the ambient guitarist was inspired by Kasukana Hikari-e, a documentary that follows educational researcher, Takashi Ota. It was this documentary, and its look into the meaning of life and learning, that inspired Nakashima to create an album on the theme of “light”.

But this isn’t physical light as we know it.  This light is different: this is the light that balances out the (sometimes) darkness of living. Whether it’s a hobby, a friend or a loved one, or music, Nakashima believes we all gather these important sources of light to a certain extent. And it’s on this new album, scheduled for release on December 1st 2021, that he creates emotive sound poems dedicated to scenery and memories related to “light” — a collection, a gathering, or light.

Imbued throughout with the homespun feel of Nakashima’s fingerstyle guitar, the music of Gathering The Light is a series of instrumental musings that feel both folksy and progressive. The album’s title track feels virtually neo-medieval in its catchy, feel-good flavours, while ‘The End Isn’t the End’ is a wonderful cocktail of rustic, bouncy guitar and toy instruments on one hand, minimalist chords and effects on the other.

There’s the simple yet intricate guitar of ‘Paddle’, complete with piano counterpart and soaring mandolin; the sun-dappled arpeggios, layered flute (played by ARAKI Shin) and childlike glockenspiel in ‘Reflection’; the effects-heavy waves of sound in ‘Reliable Ambiguity’ that make for sombre sunset atmosphere.

Imagery plays a big part in Gathering The Light, notably in the artwork for the album, which was inspired by Uri Shulevitz’s 1974 picture book, Dawn. The gentle euphoria of both ‘Paddle’ and ‘The Dawn’ are directly influenced by Shulevitz’s work and its otherworldly watercolours.

Nakashima’s instrumentation varies across the album, gathering these different sounds and field recordings (insects chirping, a child playing, waves lapping the shore) for a warm palette of colours and soft textures. Always, however, light is gathered — whether that’s watching a landscape change under the light of the sun, or returning home to the comfort of one’s family — and beauty emerges from melancholy.

KEEP READING

Track List

01 Strains of Delight

02 Colors of Sunlight

03 Reflection

04 Seaglass

05 Night Rain Falls

06 The Dawn

07 Paddle

08 From the Moment

09 Reliable Ambiguity

10 The Dawn Again

11 The End Isn't the End

12 Gathering the Light

Press Quotes

sparkling glockenspiel, a seductive acoustic guitar, and heavenly flutes lift Motohiro Nakashima’s ‘Reflection’ to the nth degree – Last Day Deaf

Motohiro Nakashima Gathering The Light

CAT No. FLAU89
Release Date: 2021-12-01
Format: CD/DIGITAL

Track List

01 Strains of Delight

02 Colors of Sunlight

03 Reflection

04 Seaglass

05 Night Rain Falls

06 The Dawn

07 Paddle

08 From the Moment

09 Reliable Ambiguity

10 The Dawn Again

11 The End Isn't the End

12 Gathering the Light

広島出身のギタリスト中島基裕のニューアルバム Gathering the Light の制作は、教育研究者の大田堯を追ったドキュメンタリー映画「かすかな光へ」を見たところから始まります。人生と学ぶことの意味を追求したこのドキュメンタリーに触発され、中島は光をテーマにしたアルバムを作り上げました。

現代の生活にある様々な矛盾と、そこに疑問を持ちながらも依存せざるをえない葛藤は、中島にとって長い間感じている生きづらさや苦悩の根底にある、と言います。その中で、生きることの、時として暗さを相殺する光は、友人や家族、恋人、音楽や趣味などにあり、人々は皆これらの多彩で大切な光の源を集めていると中島は考えています。このアルバムでは光にまつわる風景や思い出を、情感豊かな音楽の詩として表現します。

Gathering The Light の音楽は、中島のフィンガーピッキングスタイル・ギターによる牧歌的な雰囲気に包まれており、ARAKI Shinによるストリングス・アレンジとフルート、サックスの効果も相まって、フォークロア的でありながらプログレッシブな印象を与えるインストゥルメンタル・ミュージックとなりました。アルバムのタイトル曲「Gathering the Light」は、豊かな旋律が新中世音楽のような趣を醸し出し、「The End Isn’t the End」では、素朴で弾むようなギターとグロッケンシュピールに並列して、ミニマルなコードとエフェクトが素晴らしいカクテルを作ります。ユリー・シュルヴィッツの「よあけ」に影響を受けたという「Paddle」では、シンプルかつ複雑なギターと、それに呼応するピアノや高音のマンドリン、「Reflection」では、太陽の光を浴びたアルペジオ、重ねられたフルート、子供のようなグロッケンシュピール、「Reliable Ambiguity」では、エフェクトを多用した音の波が、沈んだ夕日のような雰囲気を醸し出しています。

子供の遊び場に虫の鳴き声、岸辺に打ち寄せる波など、さまざまな音やフィールド・レコーディングを集めて、暖かみのある色と柔らかな質感を表現した本作では、その一端一端にいつも光が集められています。それは、太陽の下で変化する風景を眺める時や、家族と一緒にくつろぐ時など、憂鬱の中から生まれる美しさを慈しむような光なのです。

Hiroshima native Motohiro Nakashima is back with his latest album for FLAU, Gathering The Light. The 12-track release from the ambient guitarist was inspired by Kasukana Hikari-e, a documentary that follows educational researcher, Takashi Ota. It was this documentary, and its look into the meaning of life and learning, that inspired Nakashima to create an album on the theme of “light”.

But this isn’t physical light as we know it.  This light is different: this is the light that balances out the (sometimes) darkness of living. Whether it’s a hobby, a friend or a loved one, or music, Nakashima believes we all gather these important sources of light to a certain extent. And it’s on this new album, scheduled for release on December 1st 2021, that he creates emotive sound poems dedicated to scenery and memories related to “light” — a collection, a gathering, or light.

Imbued throughout with the homespun feel of Nakashima’s fingerstyle guitar, the music of Gathering The Light is a series of instrumental musings that feel both folksy and progressive. The album’s title track feels virtually neo-medieval in its catchy, feel-good flavours, while ‘The End Isn’t the End’ is a wonderful cocktail of rustic, bouncy guitar and toy instruments on one hand, minimalist chords and effects on the other.

There’s the simple yet intricate guitar of ‘Paddle’, complete with piano counterpart and soaring mandolin; the sun-dappled arpeggios, layered flute (played by ARAKI Shin) and childlike glockenspiel in ‘Reflection’; the effects-heavy waves of sound in ‘Reliable Ambiguity’ that make for sombre sunset atmosphere.

Imagery plays a big part in Gathering The Light, notably in the artwork for the album, which was inspired by Uri Shulevitz’s 1974 picture book, Dawn. The gentle euphoria of both ‘Paddle’ and ‘The Dawn’ are directly influenced by Shulevitz’s work and its otherworldly watercolours.

Nakashima’s instrumentation varies across the album, gathering these different sounds and field recordings (insects chirping, a child playing, waves lapping the shore) for a warm palette of colours and soft textures. Always, however, light is gathered — whether that’s watching a landscape change under the light of the sun, or returning home to the comfort of one’s family — and beauty emerges from melancholy.

KEEP READING