Henning Schmiedt Klavierraum, später

CAT No. FLAU06B
Release Date: Japan - Nov 20th / Overseas - Nov 27th 2019
Format: CD

2007年に発売され、大きな衝撃を持って迎えられた旧東ドイツ出身のアーティストHenning Schmiedtによるソロ・ピアノの名作「Klavierraum」。そのリイシューにあたり、アルバムの同セッションを録音した同名のスタジオKlavierraumより多数の未発表曲が発見されたことから、続編として新たに編集・構成されたニューアルバムがリリース。「以前に発売されていた夥しい数の音楽を無用にしてしまう力がある」とも評された独創的なピアノの調べ、音の粒子がまるで水の中を緩やかに流れるように聴こえる音響加工も美しい全編即興によるソロ・ピアノ作品は、前作に勝るとも劣らない静謐な美しさを獲得した傑作に仕上がっています。

さらにアルバムにはアルゼンチン音響派の代表的な存在として知られるMono Fontanaが「Cribas」以降を感じさせるピアノ+フィールド・レコーディングによって、「Klavierraum」収録の「du und ich」を再構築したカバーを披露。またMusic From Memory、L.I.E.S.からのロウハウス〜アンビエント諸作で注目を集めるNYのTerekkeによるリミックスを収録。

Klavierraum is the place where my piano is, but it’s also a virtual space and spiritual shelter whenever needed – it immediately appears when I am playing piano, floating in sound and resonating with melodies. In my concerts I feel this ‘Raum’ is embracing and covering me, the piano and my whole audience.

Klavierraum, my very first solo piano album, tells a story of arranging a tea time for a rendezvous. Klavierraum, später is like a sequel sometime later on – this time it’s about preparing for a surprise morning coffee with my favorite pancake!

For the new album I used previously unpublished material of the original Klavierraum session. Some parts were recorded later on, but in the same setting and similar spirit. – Henning Schmiedt

KEEP READING

Track List

album preview

 

01 1 Bio Ei

02 Prise Meersalz

03 Becher Milch

04 2 reife Mangos?
05 Mit dem Schneebesen!

06 Goldbraune Unterseite

07 Kaffee Aufs Tablett

08 Guten

09 Morgen!

10 3 Teelöffel Backpulver (Terekke Remix)

11 du und ich (Mono Fontana Reinterpretation)

Henning Schmiedt Klavierraum, später

CAT No. FLAU06B
Release Date: Japan - Nov 20th / Overseas - Nov 27th 2019
Format: CD

Track List

album preview

 

01 1 Bio Ei

02 Prise Meersalz

03 Becher Milch

04 2 reife Mangos?
05 Mit dem Schneebesen!

06 Goldbraune Unterseite

07 Kaffee Aufs Tablett

08 Guten

09 Morgen!

10 3 Teelöffel Backpulver (Terekke Remix)

11 du und ich (Mono Fontana Reinterpretation)

2007年に発売され、大きな衝撃を持って迎えられた旧東ドイツ出身のアーティストHenning Schmiedtによるソロ・ピアノの名作「Klavierraum」。そのリイシューにあたり、アルバムの同セッションを録音した同名のスタジオKlavierraumより多数の未発表曲が発見されたことから、続編として新たに編集・構成されたニューアルバムがリリース。「以前に発売されていた夥しい数の音楽を無用にしてしまう力がある」とも評された独創的なピアノの調べ、音の粒子がまるで水の中を緩やかに流れるように聴こえる音響加工も美しい全編即興によるソロ・ピアノ作品は、前作に勝るとも劣らない静謐な美しさを獲得した傑作に仕上がっています。

さらにアルバムにはアルゼンチン音響派の代表的な存在として知られるMono Fontanaが「Cribas」以降を感じさせるピアノ+フィールド・レコーディングによって、「Klavierraum」収録の「du und ich」を再構築したカバーを披露。またMusic From Memory、L.I.E.S.からのロウハウス〜アンビエント諸作で注目を集めるNYのTerekkeによるリミックスを収録。

Klavierraum is the place where my piano is, but it’s also a virtual space and spiritual shelter whenever needed – it immediately appears when I am playing piano, floating in sound and resonating with melodies. In my concerts I feel this ‘Raum’ is embracing and covering me, the piano and my whole audience.

Klavierraum, my very first solo piano album, tells a story of arranging a tea time for a rendezvous. Klavierraum, später is like a sequel sometime later on – this time it’s about preparing for a surprise morning coffee with my favorite pancake!

For the new album I used previously unpublished material of the original Klavierraum session. Some parts were recorded later on, but in the same setting and similar spirit. – Henning Schmiedt

KEEP READING