Ulises Conti Los efímeros

CAT No. FLAU78
Release Date: Japan - Sep 7th / Overseas - Sep 21st, 2018
Format: CD/DIGITAL

モダン・クラシカル、エレクトロニカ、アンビエント、ポストロックなどジャンルレスに活躍し、そのイマジネイティブな孤高のサウンドスケープで注目を浴びるアルゼンチン・ポスト音響派の貴公子Ulises Conti。ベスト盤『ATLAS』、27のサウンド・アルファベットを模した野心作『Los Griegos creían que las estrellas eran pequeños agujeros por donde los dioses escuchaban a los hombres』などで日本にも紹介され、フィールド・レコーディングやIDM作品を経由して届けられたニューアルバムは衝撃のオーケストラ作品。

「儚きもの」と題された10の小さな楽章は、ブエノスアイレス・ウシナデルアルテの講堂で、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ダブルベース、フレンチホルン、トロンボーン、トランペット、ファゴット、ハープ、ティンパニ、合計15人の演奏家たちによって録音。IDM、アンビエント、フィールドレコーディングからソロピアノまで、あらゆる彼の音楽性の変遷とその長い道のりに対する回答とウリセス自身が話すように、作曲家の最も古典的な側面を象徴するようなロマンティシズムに溢れています。深い静寂とスケールの大きなロングトーン、映像喚起力の高いウリセスならではのエレガントで鮮烈な器楽彫刻作品です。
長年にわたり、ウリセスは、議事堂でのパフォーマンス、レクチャー、サウンド・ウォーク、コンサートなど様々なソロ・プロジェクトを開発し、育ててきました。そしてまた、ダンス、映画、演劇のための50以上のサウンドトラックとのコラボレーションでも活動しています。それでもなお、『Los Efímeros』は彼のネオ・クラシカルへの声明であり、フレンチホルンやファゴットなど、およそ昨今のムーブメントでは忘れ去られた楽器へのウリセスの愛を表現しています。

Los efímeros (The ephemeral ones) is the last album of the Argentinian composer and sound artist Ulises Conti. This orchestral work divided in 10 small movements was recorded in 2018 in the auditorium of the Usina del Arte in Buenos Aires. This project with fifteen musicians in scene, whose chamber music reminiscences represents the most classical side of the composer, seems to be the answer to his previous works; among which after a long way of varied styles, goes from electronic music IDM, ambient and field recordings to solo piano pieces.

Over the years, Ulises Conti has developed personal projects as the lecture performance, the soundwalks and concerts for an audience of one; but also works in collaboration with more than fifty soundtracks for dance, films and theatre plays. Nevertheless, Los efímeros is his neoclassical statement; where it outlines his predilection for the French horn, harp, viola and bassoon.

KEEP READING

Track List

01 Obertura

02 Preludio

03 Virelay

04 Lied

05 Interludio

06 Divertimento

07 Fantasía

08 Promenade

09 Impromptu

10 Elegía

Press Quotes

Los Efímeros is a study on musical depth, where Conti explores with great appetite the different dimensions of the chamber orchestra form. The composition flows nicely between movements. One of the best releases of 2018 – Piano and Coffee.co

While the music reminds me of times gone by, it is also timeless and fresh sounding. I am unfamiliar with Conti’s past music, but by the execution shown in the construction of this album, this large-scale cinematic and orchestral music suits him to a tee. Totally Recommended – Drifting, Almost Falling

Conti’s story may be open to interpretation, but its trajectory is not. Great nobility is implied by this closing piece, leading one to believe that a revolution may be in the works – A Closer Listen

架空のサウンドトラックのような映像を喚起させる音像は、ジャンルを超越した彼の真骨頂 – LATINA

Ulises Conti Los efímeros

CAT No. FLAU78
Release Date: Japan - Sep 7th / Overseas - Sep 21st, 2018
Format: CD/DIGITAL

Track List

01 Obertura

02 Preludio

03 Virelay

04 Lied

05 Interludio

06 Divertimento

07 Fantasía

08 Promenade

09 Impromptu

10 Elegía

モダン・クラシカル、エレクトロニカ、アンビエント、ポストロックなどジャンルレスに活躍し、そのイマジネイティブな孤高のサウンドスケープで注目を浴びるアルゼンチン・ポスト音響派の貴公子Ulises Conti。ベスト盤『ATLAS』、27のサウンド・アルファベットを模した野心作『Los Griegos creían que las estrellas eran pequeños agujeros por donde los dioses escuchaban a los hombres』などで日本にも紹介され、フィールド・レコーディングやIDM作品を経由して届けられたニューアルバムは衝撃のオーケストラ作品。

「儚きもの」と題された10の小さな楽章は、ブエノスアイレス・ウシナデルアルテの講堂で、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ダブルベース、フレンチホルン、トロンボーン、トランペット、ファゴット、ハープ、ティンパニ、合計15人の演奏家たちによって録音。IDM、アンビエント、フィールドレコーディングからソロピアノまで、あらゆる彼の音楽性の変遷とその長い道のりに対する回答とウリセス自身が話すように、作曲家の最も古典的な側面を象徴するようなロマンティシズムに溢れています。深い静寂とスケールの大きなロングトーン、映像喚起力の高いウリセスならではのエレガントで鮮烈な器楽彫刻作品です。
長年にわたり、ウリセスは、議事堂でのパフォーマンス、レクチャー、サウンド・ウォーク、コンサートなど様々なソロ・プロジェクトを開発し、育ててきました。そしてまた、ダンス、映画、演劇のための50以上のサウンドトラックとのコラボレーションでも活動しています。それでもなお、『Los Efímeros』は彼のネオ・クラシカルへの声明であり、フレンチホルンやファゴットなど、およそ昨今のムーブメントでは忘れ去られた楽器へのウリセスの愛を表現しています。

Los efímeros (The ephemeral ones) is the last album of the Argentinian composer and sound artist Ulises Conti. This orchestral work divided in 10 small movements was recorded in 2018 in the auditorium of the Usina del Arte in Buenos Aires. This project with fifteen musicians in scene, whose chamber music reminiscences represents the most classical side of the composer, seems to be the answer to his previous works; among which after a long way of varied styles, goes from electronic music IDM, ambient and field recordings to solo piano pieces.

Over the years, Ulises Conti has developed personal projects as the lecture performance, the soundwalks and concerts for an audience of one; but also works in collaboration with more than fifty soundtracks for dance, films and theatre plays. Nevertheless, Los efímeros is his neoclassical statement; where it outlines his predilection for the French horn, harp, viola and bassoon.

KEEP READING