Kanazu Tomoyuki Prater

CAT No. FLAU20
Release Date: July 20th, 2010
Format: CD/DIGITAL

三重出身の音楽家・サクソフォン奏者 金津朋幸のファースト・アルバム。
クラシック、ジャズ、ファンク、ラテン…ジャンルを横断しながら培ったキャリアが生み出した作品は、思慮深く構築され、美しい短編小説のような味わいを感じさせます。ストリングス・アレンジに波多野敦子、ボーカルにはMujika Easel、Cuusheなど実力派メンバーが数多く参加。ミックスにはFISHMANSやUA、ボアダムズなどを手がけた林皇志が全面参加し、独自の音空間を作り上げています。日本的な旋律や情熱的なリズム、西洋的なハーモニーを同時に持ち合わせるという、多様でありながら不思議な統一感をもった作風は、 しなやかでいて強く、懐かしさをも併せ持つ。季節をテーマにつくられた優しい叙情詩です。

新しい友達が、私を連れていってくれる旅は、青空をどこまでも、高くのびやかに翔けあがったり、明るい海のそこで、光の編目と一緒にただよったり、ふいに目の前に開く、はじめての光景で私を驚かせたり、それから、きっと、世界中のどこにでもある、こんなふうな雑踏の、とっても美しいことを教えてくれたり、します。 – 生駒祐子 (mama!milk)

First album from composer and multi-instrumentalist Kanazu Tomoyuki, featuring guest appearances by aus, Atsuko Hatano, Musica Easel, Cuushe and Tomota Kitamura (popo). The tracks are split between instrumental neo-classical pieces featuring piano, saxophones, woodwinds and strings, and songs with vocals and drums. Of these, the second track is the only one with English lyrics, and appears to be about reincarnation and finding truth inside yourself. The sixth track features vocals by Mujika Easel whose voice is reminiscent of Shara Worden’s, and the last track features very childlike vocals from Cuushe. At 7 tracks and 34 minutes, this album feels like a short story, or maybe some sort of mini-opera. Not sure exactly what it’s about, but a sense of childlike wonder and nostalgic wistfulness pervades. – Paul Simposon, Foxy Digitalis

KEEP READING

Track List

album preview

 

01. April / 四月

02. Deer Flew by Green / 鹿は緑の上を走る

03. Flower Thief / 花泥棒
04. Prater

05. Torso in April / 4月のトルソ

06. Riverside Day / 川沿いの日

07. Sakai / サカイ

Press Quotes

what will touch your heart…what is the condiment of lifeElectroacoustic Notes

Kanazu Tomoyuki Prater

CAT No. FLAU20
Release Date: July 20th, 2010
Format: CD/DIGITAL

Track List

album preview

 

01. April / 四月

02. Deer Flew by Green / 鹿は緑の上を走る

03. Flower Thief / 花泥棒
04. Prater

05. Torso in April / 4月のトルソ

06. Riverside Day / 川沿いの日

07. Sakai / サカイ

三重出身の音楽家・サクソフォン奏者 金津朋幸のファースト・アルバム。
クラシック、ジャズ、ファンク、ラテン…ジャンルを横断しながら培ったキャリアが生み出した作品は、思慮深く構築され、美しい短編小説のような味わいを感じさせます。ストリングス・アレンジに波多野敦子、ボーカルにはMujika Easel、Cuusheなど実力派メンバーが数多く参加。ミックスにはFISHMANSやUA、ボアダムズなどを手がけた林皇志が全面参加し、独自の音空間を作り上げています。日本的な旋律や情熱的なリズム、西洋的なハーモニーを同時に持ち合わせるという、多様でありながら不思議な統一感をもった作風は、 しなやかでいて強く、懐かしさをも併せ持つ。季節をテーマにつくられた優しい叙情詩です。

新しい友達が、私を連れていってくれる旅は、青空をどこまでも、高くのびやかに翔けあがったり、明るい海のそこで、光の編目と一緒にただよったり、ふいに目の前に開く、はじめての光景で私を驚かせたり、それから、きっと、世界中のどこにでもある、こんなふうな雑踏の、とっても美しいことを教えてくれたり、します。 – 生駒祐子 (mama!milk)

First album from composer and multi-instrumentalist Kanazu Tomoyuki, featuring guest appearances by aus, Atsuko Hatano, Musica Easel, Cuushe and Tomota Kitamura (popo). The tracks are split between instrumental neo-classical pieces featuring piano, saxophones, woodwinds and strings, and songs with vocals and drums. Of these, the second track is the only one with English lyrics, and appears to be about reincarnation and finding truth inside yourself. The sixth track features vocals by Mujika Easel whose voice is reminiscent of Shara Worden’s, and the last track features very childlike vocals from Cuushe. At 7 tracks and 34 minutes, this album feels like a short story, or maybe some sort of mini-opera. Not sure exactly what it’s about, but a sense of childlike wonder and nostalgic wistfulness pervades. – Paul Simposon, Foxy Digitalis

KEEP READING