Noah Thirty

CAT No. FLAU81
Release Date: October 18th, 2019
Format: Digital

白昼夢の世界を音像化したというシネマティックなデビュー作「Sivutie」を経て、北海道出身のアーティストNoahが4年ぶりとなる新作ミニアルバム 「Thirty」をリリースします。
都市世界への入り口のように神秘的に広がる1曲目から、80年代の香港ポップスのミニマリズムが心地よく鳴り響く先行シングル「メルティン・ブルー」まで、Noahの最新作にはまろやかな大陸の風が吹いています。映像で見てきた中華街の未来的な光景と雑然とした街のエネルギー、相反する飾り気のない生活は、彼女が3年前に移り住んだ東京のイメージの縮図となり、この作品の大きなインスピレーションとなりました。

東京は北国生まれのNoahにとって全く異なる世界であり、どこか退廃的な蒸気の波に彩られた荘厳さと華やかさで満たされていますが、同様にたくさんの夢が散らばる場所でもあります。「像自己」に代表されるアナログ感あふれるエレクトロ・ディスコ・サウンド、ゲーム・ミュージック的な8bit感、存在感を持って放たれる急速なハイハットが都市生活を十分に呼び覚ます一方で、過剰なまでのネオンサインや深夜のロマンスに彩られたピアノ(「夢幻泡影」)、ゆっくりと朽ち果てていくビートとシンセサイザーのコラージュ(「風在吹」)は、実体の見えない希望と生温かい欲望を映し出し、Noahの東京への関心は、日常の華やかさと儚さの両面で描かれています。

幾重にも折り重ねられたNoahの幻想的な歌声は、あらゆるものを織り交ぜながら、彼女が住みたいと思っていた東京の物語を見せます。耳を奪われるドラム・マシーンとLo-Fiなシンセサイザーに浸された歌の数々が、この街が見せてくれる混沌と郷愁の日記を伝えてくれるのです。

Tokyo is big. Tokyo is messy. Tokyo is futuristic. Tokyo is everything all at once. It’s this image of Japan’s capital that Noah draws inspiration from for her latest album, Thirty.

From the sweeping, mystical feel of the intro – like a portal into the world of the city – to tracks like ‘メルティン・ブルー’ that clank deliciously with ‘80s Hong Kong pop minimalism, Noah’s tracks also feature a mellow Chinese taste.

Following a trip to Chinatown, she noticed the bustling feel of the place, its life and its noise, and for her it became a microcosm of Tokyo: an associated image. Thirty is named for the age around which Noah was making these tracks and is a culmination of three years living in Tokyo.

Noah is originally from the snow and ice of Hokkaido. Tokyo is another world for her, somewhere that clinks with decadent vaporwave majesty and glitz, but equally somewhere cluttered with people and their dreams. Urgency runs through Thirty, whether it’s the panic of ‘愛天使占’, the analogue electro-disco feel in ‘像自己’, or the rapid-fire hi-hats that typify many of the tracks, sufficiently summoning city life.

But, like the faded neon of the past and vaporwave of inspirations, the draw to Noah’s Tokyo is idealised, both in its grit and in its glamour—take the late-night romance of ‘夢幻泡影’, for example, or the slow, decayed collage of beats and synth in ‘風在吹’.

With her ghostly vocals weaving their way through everything, Noah tells us the story of the Tokyo she wanted to inhabit with a diary of lo-fi, synth-soaked songs pockmarked with drum machines and all the chaos and nostalgia the city has to offer.

KEEP READING

Track List

1 intro

2 像自己

3 夢幻泡影

4 18カラット

5 メルティン・ブルー

6 愛天使占

7 シンキロウ

8 風在吹

9 像自己 alternative ver.

Press Quotes

softly glowing, neon-hued synthesis of vaporwave and Japanese city popGorilla vs Bear

glowing synths and ghostly vocals – Bandcamp (New & Notable)

Noah Thirty

CAT No. FLAU81
Release Date: October 18th, 2019
Format: Digital

Track List

1 intro

2 像自己

3 夢幻泡影

4 18カラット

5 メルティン・ブルー

6 愛天使占

7 シンキロウ

8 風在吹

9 像自己 alternative ver.

白昼夢の世界を音像化したというシネマティックなデビュー作「Sivutie」を経て、北海道出身のアーティストNoahが4年ぶりとなる新作ミニアルバム 「Thirty」をリリースします。
都市世界への入り口のように神秘的に広がる1曲目から、80年代の香港ポップスのミニマリズムが心地よく鳴り響く先行シングル「メルティン・ブルー」まで、Noahの最新作にはまろやかな大陸の風が吹いています。映像で見てきた中華街の未来的な光景と雑然とした街のエネルギー、相反する飾り気のない生活は、彼女が3年前に移り住んだ東京のイメージの縮図となり、この作品の大きなインスピレーションとなりました。

東京は北国生まれのNoahにとって全く異なる世界であり、どこか退廃的な蒸気の波に彩られた荘厳さと華やかさで満たされていますが、同様にたくさんの夢が散らばる場所でもあります。「像自己」に代表されるアナログ感あふれるエレクトロ・ディスコ・サウンド、ゲーム・ミュージック的な8bit感、存在感を持って放たれる急速なハイハットが都市生活を十分に呼び覚ます一方で、過剰なまでのネオンサインや深夜のロマンスに彩られたピアノ(「夢幻泡影」)、ゆっくりと朽ち果てていくビートとシンセサイザーのコラージュ(「風在吹」)は、実体の見えない希望と生温かい欲望を映し出し、Noahの東京への関心は、日常の華やかさと儚さの両面で描かれています。

幾重にも折り重ねられたNoahの幻想的な歌声は、あらゆるものを織り交ぜながら、彼女が住みたいと思っていた東京の物語を見せます。耳を奪われるドラム・マシーンとLo-Fiなシンセサイザーに浸された歌の数々が、この街が見せてくれる混沌と郷愁の日記を伝えてくれるのです。

Tokyo is big. Tokyo is messy. Tokyo is futuristic. Tokyo is everything all at once. It’s this image of Japan’s capital that Noah draws inspiration from for her latest album, Thirty.

From the sweeping, mystical feel of the intro – like a portal into the world of the city – to tracks like ‘メルティン・ブルー’ that clank deliciously with ‘80s Hong Kong pop minimalism, Noah’s tracks also feature a mellow Chinese taste.

Following a trip to Chinatown, she noticed the bustling feel of the place, its life and its noise, and for her it became a microcosm of Tokyo: an associated image. Thirty is named for the age around which Noah was making these tracks and is a culmination of three years living in Tokyo.

Noah is originally from the snow and ice of Hokkaido. Tokyo is another world for her, somewhere that clinks with decadent vaporwave majesty and glitz, but equally somewhere cluttered with people and their dreams. Urgency runs through Thirty, whether it’s the panic of ‘愛天使占’, the analogue electro-disco feel in ‘像自己’, or the rapid-fire hi-hats that typify many of the tracks, sufficiently summoning city life.

But, like the faded neon of the past and vaporwave of inspirations, the draw to Noah’s Tokyo is idealised, both in its grit and in its glamour—take the late-night romance of ‘夢幻泡影’, for example, or the slow, decayed collage of beats and synth in ‘風在吹’.

With her ghostly vocals weaving their way through everything, Noah tells us the story of the Tokyo she wanted to inhabit with a diary of lo-fi, synth-soaked songs pockmarked with drum machines and all the chaos and nostalgia the city has to offer.

KEEP READING