Olli Aarni & Mia Tarkela Unimetsä

CAT No. FLAUR31
Release Date: November 29th, 2017
Format: Zine + Cassette

This release is the result of two artists (Olli Aarni, music & Mia Tarkela, photography) approaching the same subject via different medias. Both the music and photography explore the changing of the seasons through static views of nature. You can almost sense the moist scent of the forest floor and the warmth of the lingering light, filtered through the treetops.

Both approaches are grounded in the analog, filtering through the digital realm. The music is created with analog synthesis and feedback, and rearranged digitally into a liquid and harmonious stream of sound that acts as a microtonal brainwave massage.

The photographs were taken in the autumn of 2017 on mushroom picking trips to the forests of Joutsa and Vantaa, Finland. They were captured with the Yashica fx-3, an analog camera prone to light leaks and dreamy haze. The photographs and music overlap and interlace, flowing from the same experience, attempting to communicate a subjective sense of tranquility in the autumnal forest.

The release also includes a download of the Olli Aarni Classics compilation – a collection of pieces from his extensive discography.

 

Unimetsäは、インダストリアル・バンドLichen Gumboのメンバーとして、またOus Mal/Nuojuva名義でも活躍するアンビエント/ニューエイジ作家Olli Aarniと自然写真家Mia Tarkelaという二人のフィンランドのアーティストが、異なるメディアを通じて同じテーマに接近したドキュメントです。音楽と写真の両方は、自然の静的な見解を通して季節の変化を探ります。森の地面から立ち上る湿った香りと、樹木を通って濾過された残光の暖かさを感じることができます。
どちらも、デジタルな領域をフィルタリングするアナログなアプローチに基づいています。音楽はアナログ・シンセサイザーとフィードバックで作成され、マイクロトーンの脳波マッサージとして機能する液体の、調和のとれたストリームにデジタルに再配置されます。
写真は2017年の秋、フィンランドのJoutsaとVantaaの森林へのキノコ狩り旅行の中で撮影され、光の漏れや夢のような曇りがちなアナログカメラのYashica fx-3で撮影されました。
写真と音楽は、この旅行での同じ経験から影響を受けて、紅葉の森の中で静寂の主観的な感覚を伝えようとしています。

このリリースには、入手困難となっているOlli Aarniのディスコグラフィーを包括するコンピレーションも収録されています。

KEEP READING

Track List

(CASSETTE)

A Unimetsä

B Unimetsä

 

(Digital - "Classics")

A (3/12, Vuosi, 2015)

Pohjoistuuli (Puu tuulessa, Cotton Goods, 2015)

Kirkas vesi (Muovia, Preservation, 2016)

Ikkunasta näkyvä ikkuna (Koittaa aika, Sunshine Ltd, 2013)

Kimalle (Kimalle, Dauw, 2014)

Huhti (split, Jozik, 2011)

Touko (split, Jozik, 2011)

Uteliain silmin (Yötaivas, Crummy Kids, 2014)

Pohjoisen kesä A (Pohjoisen kesä, Jozik, 2012)

Ylitse 3 (Ylitse, Avant Archive, 2012)

Piano ja kaiku (7/12, Vuosi, 2015)

Nurmilintu (11/12, Vuosi, 2015)

Press Quotes

soon

Olli Aarni & Mia Tarkela Unimetsä

CAT No. FLAUR31
Release Date: November 29th, 2017
Format: Zine + Cassette

Track List

(CASSETTE)

A Unimetsä

B Unimetsä

 

(Digital - "Classics")

A (3/12, Vuosi, 2015)

Pohjoistuuli (Puu tuulessa, Cotton Goods, 2015)

Kirkas vesi (Muovia, Preservation, 2016)

Ikkunasta näkyvä ikkuna (Koittaa aika, Sunshine Ltd, 2013)

Kimalle (Kimalle, Dauw, 2014)

Huhti (split, Jozik, 2011)

Touko (split, Jozik, 2011)

Uteliain silmin (Yötaivas, Crummy Kids, 2014)

Pohjoisen kesä A (Pohjoisen kesä, Jozik, 2012)

Ylitse 3 (Ylitse, Avant Archive, 2012)

Piano ja kaiku (7/12, Vuosi, 2015)

Nurmilintu (11/12, Vuosi, 2015)

This release is the result of two artists (Olli Aarni, music & Mia Tarkela, photography) approaching the same subject via different medias. Both the music and photography explore the changing of the seasons through static views of nature. You can almost sense the moist scent of the forest floor and the warmth of the lingering light, filtered through the treetops.

Both approaches are grounded in the analog, filtering through the digital realm. The music is created with analog synthesis and feedback, and rearranged digitally into a liquid and harmonious stream of sound that acts as a microtonal brainwave massage.

The photographs were taken in the autumn of 2017 on mushroom picking trips to the forests of Joutsa and Vantaa, Finland. They were captured with the Yashica fx-3, an analog camera prone to light leaks and dreamy haze. The photographs and music overlap and interlace, flowing from the same experience, attempting to communicate a subjective sense of tranquility in the autumnal forest.

The release also includes a download of the Olli Aarni Classics compilation – a collection of pieces from his extensive discography.

 

Unimetsäは、インダストリアル・バンドLichen Gumboのメンバーとして、またOus Mal/Nuojuva名義でも活躍するアンビエント/ニューエイジ作家Olli Aarniと自然写真家Mia Tarkelaという二人のフィンランドのアーティストが、異なるメディアを通じて同じテーマに接近したドキュメントです。音楽と写真の両方は、自然の静的な見解を通して季節の変化を探ります。森の地面から立ち上る湿った香りと、樹木を通って濾過された残光の暖かさを感じることができます。
どちらも、デジタルな領域をフィルタリングするアナログなアプローチに基づいています。音楽はアナログ・シンセサイザーとフィードバックで作成され、マイクロトーンの脳波マッサージとして機能する液体の、調和のとれたストリームにデジタルに再配置されます。
写真は2017年の秋、フィンランドのJoutsaとVantaaの森林へのキノコ狩り旅行の中で撮影され、光の漏れや夢のような曇りがちなアナログカメラのYashica fx-3で撮影されました。
写真と音楽は、この旅行での同じ経験から影響を受けて、紅葉の森の中で静寂の主観的な感覚を伝えようとしています。

このリリースには、入手困難となっているOlli Aarniのディスコグラフィーを包括するコンピレーションも収録されています。

KEEP READING