Aug 3rd, 2018

About subsequent situation of burglary / 空き巣被害のその後の状況について

Aug 3rd, 2018

About subsequent situation of burglary / 空き巣被害のその後の状況について

flauの音楽を聴いてくださっている皆様、活動をサポートしてくれている皆様、いつもありがとうございます。

2017年9月24日にご報告した「Ametsub/アメツブ」こと斎藤昭人氏(以下「斎藤氏」といいます。)による空き巣等に関する事件のその後の状況について、以下の通り、ご報告いたします。

既にお伝えしておりました通り、flauは2017年7月と9月に二度の空き巣被害に遭い、斎藤氏がその被疑者として逮捕され、住居侵入及び窃盗罪の被疑事実で起訴されました。
斎藤氏は、弊レーベルの流通先より事務所兼住居となる都内の住所を盗み出し、インターネット上の情報から住居の構造、不在になる日を調べ、昨年7月7日に住居侵入。バールを使ってベランダの窓に穴を開けそこから手を入れて解錠して室内に侵入し、現金、パスポート、大量の在庫CDやレコード、パソコン、ハードディスク、音楽機材、衣服など合計900点を越える物品を、3回に渡って車で斎藤氏の自宅に搬送し、盗み出しました。また、斎藤氏は、9月18日の二度目の犯行時には、窓のガラスをガスバーナーで焼いて穴を開け、そこから手を入れて解錠して侵入し、現金、音楽機材、CD、パソコンなどを盗難しました。斎藤氏は犯行当日より逮捕されるまでの3ヶ月間盗品の転売を続け、100点以上もの物品を音楽関係の知人の名前を無断使用し、自身の運営するAMAZONマーケットプレイス内のショップやディスクユニオン、ヤフオク、メルカリなど複数のサイトで販売し、利益を得ておりました。
斉藤氏は、空き巣時に事務所内に大量の水を撒いたり、入口の鍵穴に接着剤を入れるなどの嫌がらせをし、また、犯行後には証拠隠滅のために盗品の一部を可燃物として廃棄、またCDとパソコンを斎藤氏が運営するレコードレーベルNothings66のスタッフ宅に預けて隠蔽しました。

flauは、上記刑事事件と並行して、双方の代理人(弁護士)を通じて、盗まれたハードディスク、在庫CD、機材その他の盗品の返還や、斎藤氏が別途インターネット上の掲示板でレーベル関係者の個人情報を匿名で書き込んだり、匿名のアカウントでレーベル関係者の尊厳を著しく傷つけるような投稿の削除等の交渉を続けてまいりました。

バンドのツアーでの不在を狙うという計画的な犯行、音楽機材やハードディスクの音楽データを削除した上での転売、Instagramで複数の匿名アカウントを使用してレーベル関係者のプライベート写真を公開し、被害者女性に大きな精神的な苦痛を与える等、斎藤氏の悪質な手口は許しがたいものでしたが、弁護士の助言や、今後このような悪質な行為を防ぐためにも、公判が終了する直前の2018年2月19日に刑事・民事ともに示談することと致しました。

示談書に記載されている示談の主な内容は、以下の通りです。

・ 本件住居侵入及び窃盗の事実を認め、謝罪すること
・ ヤフーオークション、ラクマ、フリル、ディスクユニオン、メルカリ及びアマゾンにおいてflau所有の物品を売却した事実を認め、謝罪すること
・ インターネット上にflau関係者の個人情報を公開する書き込みをした事実を認め、謝罪すること
・ flau関係者の写真をInstagram上に投稿した事実を認め、謝罪すること
・ flauがアーティストに対して不当な扱いをした等の実態と異なる主張を多数の音楽関係者にしていた事実を認め、深く謝罪すること
・ 示談金を支払うこと
・ 盗品の処分先に関する資料を提出する等、盗品の処分先の特定に関して弁護人を通じて協力すること
・ これまでにインターネット上でflau関係者に関連して行なった全投稿を削除すること
・ 今後一切、Twitter、Facebook、Instagramを含むSNS又はウェブサイト等を通じてインターネット上で又はインターネット以外のあらゆる方法において、flau又はflau関係者に関する誹謗中傷、名誉毀損、これらに類する行為その他一切の行為を行わないことを誓約すること

公判では、示談が成立したこと、斎藤氏が反省の態度を示し、自ら被害者の心情を慮って音楽業界から離れることなどが考慮され、2018年3月に、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡されました。

上記の公判終了後、flauとしても本報告をすることで多くの方にかえって心配をさせてしまう点や、加害者・被害者双方への二次加害が起こる可能性から、報告を控えておりました。しかし、斎藤氏が匿名で音楽活動を再開しているとの情報が流布していることでレーベル関係者のイベント・ライブへの参加も困難になり、インターネット上での匿名アカウントによる嫌がらせによって知人やレーベル関係者に迷惑がかかっており、運営にも様々な支障が生じていることから、改めて本報告をさせていただくに至りました。

本件でご心配をおかけした皆様、励まし続けてきてくれたアーティストやレーベル関係者、友人知人、サポートしていただいた皆様、そしてflauの音楽を聴き続けて下さっているファンの皆様に心より御礼申し上げます。

Dear Flau music listeners and all supporters of our label,

On September 24th 2017, we announced the unfortunate news about the burglary by Akihito Saito, a musician whose stage name is AMETSUB, and is also the owner of the record label Nothings66.

As mentioned before, Saito broke into our label’s headquarters twice in July and September 2017, and he was arrested as the suspect and indicted for alleged infringement of the housebreaking and larceny.
He stole our office/residence address in Tokyo from our distributer, looked up the structure of the residence online, investigated the day when we were absent and broke into the residence on July 7th last year.

He broke the window of our balcony using a claw bar to unlock it and broke into the room, and took more than 900 items including cash, mass stock of CD, vinyl, equipment, PC, hard disk, musical instruments, passport, clothes and etc… He transported them to his home three times by a car.

At the second crime on September 18th, Saito burned the window glass with a gas burner, opened a hole, put his hand in to unlocked the window, broke into our residence and took cash, musical instruments, CD’s, computer equipment and others. He sold these items under names of music related acquaintance without permission at AMAZON, Disk Union, Yahoo auctions, Grailed etc. and made profits.

Saito harassed us by placing a large amount of water when he broke into our office and putting adhesive into the keyhole of the entrance. After the crime, some stolen items were disposed as combustible waste to destroy the evidence, and he hid CD’s and computer equipment with his staff of the record label Nothings66.

Alongside the above criminal case, we attempted negotiation through our representatives (attorneys) to return the stolen HDs, a stock of CDs, gears and other items, as well as to delete malignant comments which he made anonymously on internet that were directed to us and people concerned with flau. He made comments which expose our personal information and significantly hurt our reputation.
Saito’s malignant actions, such as his premeditated crime (burgling in while we are absent for touring), selling musical gears and HDs (with its contents deleted completely), exposing personal pictures of label artist on Instagram using multiple anonymous accounts, significantly disrupting the feelings of the artist, are not easy to forgive. However, following the advice from our attorney and going through investigation and court, we decided to settle both criminal and civil cases out of court in order to prevent the same aggravated cases to happen again.

The followings are what was agreed on the settlement document.

– Acknowledge and apologize about the fact he burgled.
– Acknowledge and apologize the fact he sold flau’s possessions on Yahoo Auction, Rakuten market, FRIL, Disk Union, Merukari, and Amazon.
– Acknowledge and apologize the fact he exposed personal information about flau’s artists on internet.
– Acknowledge and apologize the fact that he posted pictures of a flau artist on Instagram.
– Acknowledge the fact that he was telling a factually incorrect information about how flau treated an artist unfairly to a number of people in the music industry, and deeply apologize.
– Pay for the settlement money.
– Collaborate with our attorney to specify the locations of stolen items, such as submitting the documents about where they went,
– Delete every internet posts which mention people affiliated with flau.
-Make a pledge that you will not make any abusive comments, defamation or anything similar to that to flau and/or flau affiliates both off and on the internet through Social network media including Twitter, Facebook, Instagram and any websites.

-and more

Considering the above out-of-court settlement and Saito’s apologetic attitude, as well as his decision to stay out of music work, on March 3, 2018, Saito was sentenced 2 and 6 months in prison and 3 years probation.

We restrained from making this announcement right after the court case was settled, because we were afraid the announcement would make people even more worried. We were also concerned if there could be a secondary damage to both victims and the perpetrator. However, since there was information about Saito anonymously returning to the music scene, it made the label affiliates difficult to participate in events and concerts. There was also a harassment found online by anonymous accounts to our acquaintances and the label affiliates, which was disrupting our business. We decided it’s important to make this announcement once and for all.

Thank you again for our label mates, friends, people who supported us and cheered us up, and finally our fans who continue to love flau’s music.

Other articles you might be interested